CSR

CSR(Corporate Social Responsivility)

地域に密着した中小印刷企業がCSRへ取り組むに当たり、どのような活動をしていくべきか、印刷業界としての指針が定められました。社会からの要求に確実にこたえられるよう弊社も積極的に取り組んでいます。

CSR

CSR認定「ツースター」

全日本印刷工業組合連合会による、印刷業界団体のCSR(企業の社会的責任)の認証制度です。
責任を持った一企業として、社会に対してどのような取り組みをしなくてはいけないかを具体化し遂行できているかを確認します。
亜細亜印刷では2015年6月に取得し、地域社会からの期待に応えられるよう日々努力しております。

亜細亜印刷としての取り組み

環境・安全・エネルギー・福祉・ライフスタイルなど企業を取り巻く環境が大きく変化し、社会から求められる様々な要請に応えるCSR(企業の社会的責任)が重要視されています。弊社も社会を構成する一つの企業として、その責任を遂行するため、全日本印刷工業組合連合会(略称:全印工連)のCSR認定を受けました。

 

CSRビジョン

私達、亜細亜印刷株式会社は、創設以来、長野市を地元とし印刷業を通して地域の皆様に貢献して参りました。ここまでの信用を得られたのは、地域の皆様のご協力があってこそだと思っています。今後一層、地域重視・更に環境保全・社会貢献に励み地域の発展に尽くすことが、当社の使命と強く認識し、企業経営を推進して参ります。

2015年 3月 1日
亜細亜印刷株式会社
代表取締役 藤森 英夫

CSRを中心とした活動

企業活動を行うにあたり、以下の土台を守る。

  1. 法令遵守やリスク管理を心がける。(信用、市場、事務等の、リスクと収益)
  2. 内部統制(役員、社員の法令遵守・財務管理報告・対応等)の継続的な取り組み
  3. お預かりしている個人情報を適切に利用し、保護することが当社の社会的責任であると考え、「個人情報保護方針」に基づき適切な安全対策のもと取り扱う。
  4. 社員にとって居心地の良い職場環境を心がける
  5. 地域の一員としての地域や社会との関わりを大切にする。(社会貢献活動)
  6. 本業を通じて環境保全活動に参加する。(リサイクル・エコロジー・省エネ等)

CSR方針

  1. お客様へ
    • リスク管理や法令遵守を心掛けます。
    • 顧客・個人情報を大切に取り扱います。
    • お客様や仕入先・外注先の要望に最大限応える知識と技術の向上を目指します。
  2. 地域の皆様へ
    • 地域の一員として地域や社会との関わりを大切にいたします。
    • 地域貢献活動に企業として積極的に参加していきます。
  3. 環境への配慮
    • 印刷業という本業を通して環境保全活動に参加します。(リサイクル・ゴミ分別・CO2削減)
  4. 仕入先・外注先へ
    • 法令遵守して公正・公平・誠実さをもって取引を行います。
  5. 目標
    • 効果的なCSRの為に設定された目的及び目標の達成に力を尽くします。
  6. 成果の改善
    • CSRマネジメントシステムの継続的改善を図り、CSRの成果をいっそう高いものにすることを目指します。
2015年 3月 1日
亜細亜印刷株式会社
代表取締役 藤森 英夫

倫理的行動規範

  1. 誠実な社風

    社員、お客様、協力会社等に公平と誠実さをもって行動することに努めます。

  2. 法令の遵守

    企業として最低限の遵守ではなく、社員一同高い倫理観をもって職務を遂行します。

  3. 差別およびハラスメントを容認しない

    人間尊重という基本精神に立ち、差別や人権侵害を行いません。社員はひとりひとりがお互いのパートナーとして尊重しあいセクシャルハラスメントやパワーハラスメントなどを職場から排除します。

  4. 公平な競争

    資材の調達、契約の交渉及び履行については誠実さと公平性をもって望みます。全てのビジネスに対して公平かつ倫理的な自由競争を行います。

  5. 利害の対立の回避

    利害関係にとらわれず、常に公平・公正な立場からの価値判断を行い、公私のけじめをつけ行動します。

  6. 情報・資産の保護

    会社とお客様の情報資源・資産等は最大の注意と敬意を払い、使用、保全に努めます。当社のみならずお客様の資源と資産を守る事が使命とします。会社資産の私的流用も行いません。

  7. 環境・健康・安全の保護

    安全で健康的な職場環境を提供することはもちろん、地球環境の保護を重視し、地域社会環境との調和を図る努力をします。

  8. 反社会的活動の根絶

    反社会的な行い、活動に関しては毅然とした態度を貫きます。

2015年 3月 1日
亜細亜印刷株式会社
代表取締役 藤森 英夫

CSRによる経営効果

自己評価 : A>B>C

1. コンプライアンス(法規制の遵守)
No 取り組み 自己評価
1 就業規則等の定期的な見直しと法規制の遵守 A
2 「若者応援企業宣言」事業所の宣言 A
3 税金の完納 A

2. 環境(環境保全に貢献する取り組み)
No 取り組み 自己評価
1 グリーンプリンティングの実施 B
2 無処理版の活用 A
3 アルミリサイクルシステム(Plate to Plate)の実施 A

3. 情報セキュリティ(情報流出、情報の不正利用を防ぐための取り組み)
No 取り組み 自己評価
1 個人情報保護マネジメントシステム(Pマーク)の実施 A
2 サーバーセキュリティの確保 A
3 警備会社の警備システムの導入 A

4. 品質(質の高い製品やサービスの提供、およびそのための取り組み)
No 取り組み 自己評価
1 ISO9001の実施 A
2 QCサークル活動の実施 B
3 事故対策委員会 B

5. 雇用・労働安全(地域での雇用促進や、従業員に対する取り組み、
従業員の労働安全衛生に関する取り組み)
No 取り組み 自己評価
1 地域採用の実施、「若者応援企業宣言」の宣言、「社員の子育て応援宣言」の宣言 A
2 高齢者雇用の実施 A

6. 財務・業績(業績の良さ、財務面での透明性の高さ)
No 取り組み 自己評価
1 MIS(AIBSアイバス)の導入 A
2 会計ソフトの導入 A
3 外部専門家を活用する A

7. 社会貢献・地域志向
(地域での社会貢献活動、地元企業等の活用、地域を意識した企業活動)
No 取り組み 自己評価
1 地域スポーツ文化へ積極的に関与する A
2 会社見学、工場見学の受入れ A
3 地元公園の清掃 A

8. 情報開示・コミュニケーション(消費者・顧客対応に関して行っている取り組み)
No 取り組み 自己評価
1 外部委託先の評価の実施 A
2 活版印刷資料館の公開 A
3 顧客対応専門窓口の設置 A

<2017年版>

通報制度について

当社は企業活動に伴う潜在的なリスクの早期発見、早期対処に繋げるべく「通報制度」を設けています。いただいた報告、相談内容は十分に検討を行い適切に処理いたします。 また、誠実に通報を行った方が不利益を受けることがないよう細心の注意を払います。
なお、誹謗中傷などの類に関しては対応できませんのでご了承ください。

 

通報・相談は、原則実名とさせていただきます。 ※守秘義務を遵守致します。ただし、匿名であっても客観性かつ具体性のある報告については、受付けさせていただきます。なお、匿名で受付けた場合は十分な調査や通報者の保護、適切なフィードバックを実施できない場合があります。

通報・相談窓口

1. 社内窓口

 

本社総務部
電話番号:026-243-4859 E-mail:soumu@asia-p.co.jp

 

2. 社外窓口

北沢孝仁税理士事務所(荒井秀夫税理士)
電話番号:026-226-6662

田中善助法律事務所(田中善助弁護士)
電話番号:026-227-8399

環境への取り組み

基本理念

当社は企業活動と地球環境との調和をめざし、積極的かつ継続的に環境保全に取り組み、企業としての社会的責任を果たします。

基本方針

1)省エネルギー対策
省資源、省エネルギーに努め、工場内エネルギー消費量の削減に努めます。

2)環境マネジメント
社員教育を実施し、組織的に環境管理、生産管理を推進します。

3)法令や規制等の遵守
国や地方公共団体が定める環境規制、協定、その他要求事項を遵守します。

数値目標

工場内におけるエネルギー消費原単位を前年度比 1% 以上低減を目標とします

実施対策

1)生産工程の管理を徹底し、資源ロス及びエネルギーのロスの改善に努める

2)設備更新の際は、省エネルギー機器の導入に努める

3)社員教育の実施などにより、節電等の省エネ推進に努める